プロデビュー

プロデビューについて

生徒も実力次第でプロモートの対象になる。協力プロダクションのサポートで、在学中からのデビューのチャンスも!


SAGでは、わずか開校2年余の'96年春の時点で、徳光由香(1期生)が『夢のクレヨン王国』(テレビ朝日)の主役シルバー王女役、木村亜希子(2期生)が『BASARA』(サンテレビほか)の主役更紗役、有馬克明(1期生)が『HARELLUYA III』(テレビ東京)の主役一条誠役、とテレビアニメの主演3名を誕生させるという快挙をなしとげました。

開校以来、順調に仕事のできる俳優・声優を世に送り出し、プロデビュー者が500名を突破したというのは奇跡とは違います。確かな実績です
'99年10月、1期生のサエキトモがSAG4人目のテレビアニメ番組の主演を獲得しました。 『六門天外モンコレ☆ナイト』(テレビ東京)の主演、門斗役です。 サエキにとってはトレーニングを始めて5年目の秋でした。 彼女が着実に階段をのぼってきたことだけは確かです。

そして2005年春、国民的アニメである『ドラえもん』の声優陣交代という機会で、 週1日クラスで通っていた大原めぐみ(8期生)のび太役を獲得するという 大きな実績をつくりました。 フレッシュな個性を持ちながら、 SAGで確かなトレーニングによる基礎をつくってきた彼女はチャンスに全力を発揮できました。
『テニスの王子様』宍戸亮 役 楠田敏之(6期生)もPS2大作人気ゲームの 「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS 」主演 結城 秀康役や数多くソロライブ、 ソロアルバムを発売など、活躍の場を広げています。

舞台では川崎誠司(7期生)が蜷川幸雄演出の舞台「幻に心もそぞろ狂おしわれら将門」にて、 俳優・堤真一・段田安則・木村静乃らと共演。 渡部晶子(5期生)も俳優・仲代達矢主宰の無名塾で活躍中。 大きな舞台を踏みながら、着実に俳優として歩んでいます。
2007年5月には国分太一主演の映画「しゃべれどもしゃべれども」に 日向とめ吉(3期生)も同輩として出演。その個性的な演技をスクリーンで映しました。

もちろん、上記以外のSAG在校生・卒業生たちも、舞台(劇団四季etc)、 テレビ、ラジオ、映画、TDLなどそれぞれ現場は違うものの、 ひとつひとつ階段をのぼり始めています。SAGの快進撃はまだまだ続きます
次に続く名前に、これを見ているあなたの名前を掲載させてほしいと思っています。

SAGで頑張ればきっと可能性が広がる!

Copyright©2003-2016 LEOPARD STEEL附属俳優・声優養成所 松濤アクターズギムナジウム All rights reserved.