コース案内

レッスン詳細・時間割

時間割例

5月 7(月) 8(火) 9(水) 10(木) 11(金) 12(土) 13(日)
朝クラス A 演技
(岡本先生)
  A ジャズダンス
(もたい先生)
  A 演技
(勝沼先生)
   
昼クラス B 演技
(岡本先生)
E マイク演技
(永澤先生)
B ジャズダンス
(もたい先生)
E 所作
(いとう先生)
B 演技
(勝沼先生)
E 演技
(北島先生)
Y 演技
(山本先生)
Z 演技(伊藤先生)
夜クラス C 演技
(岡本先生)
F マイク演技
(永澤先生)
C ジャズダンス
(もたい先生)
F 所作
(いとう先生)
C 演技
(勝沼先生)
演技
(北島先生)
 
I 演技(山本先生) J 演技(伊藤先生)

※ あくまで参考例ですので、毎年変更があります。 俳優部・ダンス&ボイスクラス・週1日半年コースは上記サンプルには表記しておりませんが、入所者には各コースごとにきちんと配布されています。

A 週3基礎科 朝クラス
E 週3本科 昼クラス
Y 週1基礎科 日曜昼クラス

B 週3基礎科 昼クラス
F 週3本科 夜クラス
J 週1本科 木曜夜クラス

C 週3基礎科 夜クラス
I 週1基礎科 火曜夜クラス
Z 週1本科 日曜朝クラス

レッスン詳細

演技レッスン

「集中」と「解放」-これは俳優にとって大切なキーワード。前期は体と感情を「解放」し、演じる対象に「集中」するという、俳優として自分をコントロールする方法を中心に「表現する」ことについて学びます。後期は戯曲を使い、「表現」についてより具体的に学びながら、修了公演に向けて稽古を積んでいきます。

ボイストレーニング

ハリのある声が出せるだけでは、俳優・声優としては不十分です。SAGの採用するボイストレーニング法は発声機能を向上させるだけでなく、感情と声との関係を学び、声の可能性に気づいていきます。

所作

美しい立ち姿は俳優の基本です。日本の伝統文化を学ぶとともに、実際に着物を着てのレッスンを通して、着物の着方、着物での立ち居振る舞いを身につけていきます。

こんにゃく体操

心身の「集中」「解放」を自在に操れることを目指すメソッドです。声を自然に出しながら肉体のすみずみまで意識的に脱力。余分な力を取り去り、自然体で舞台に立てる役者をつくります。

朗読

演技表現の中でも「言葉」は物語の内容を伝える重要な要素。特に声優は言葉を伝えることが仕事です。正しい発音・発声法を身につけ、文章を正確に伝えるだけでなく、日本語の面白さ、言葉を扱うことの楽しさを感じていきます。

殺陣・現代アクション

時代劇、現代劇を問わず、アクションは不可欠な要素です。立ち回りだけでなく、転び方や倒れ方など、アクション演技の基本を身につけます。

ジャズダンス・HIP HOP

口先だけの言葉では、何かを「人に伝える」ことはできません。ダンスのレッスンを通して体全体を使った表現方法を学びながら、演技に欠かせない音感・リズム感を養います。

声楽・ボーカル・ゴスペル

CD発売やライブなどが盛んな声優業界、今や声優にとっては「歌える」ことも必要な能力のひとつです。また、歌うことについてだけでなく、声楽のレッスンは声質の向上にも役立ちます。

クラッシックバレエ

よい声やよい表現は、正しい姿勢から生まれてくるものです。バレエのエクササイズを通して、体を動かすため、声を出すために必要な体をつくります。

宣材撮影用ヘア&メイク特別レッスン

宣材撮影用ヘア&メイクの重要性はよく知っていることと思いますが、宣材撮影用のヘア&メイクは一種独特のものです。みなさんの魅力をアップさせるための特別レッスンです。

夏期ワークショップ 冬期ワークショップ

ワークショップでは日頃のレッスンとは別に、興味のあること、面白そうなこと、に集中して挑戦することができます。声優部の生徒が俳優部の講師の方に、俳優部の生徒が声優部の講師の方に接触できる、よい機会です。

アフレコ実習

アニメ映像、実写映像などに合わせてアフレコを行う、声優として最も実践的なレッスンです。マイク前での動き方や声のあて方を学びながら、実際の現場の雰囲気を体験します。

落語・漫才

複数の人物を演じ分ける落語は究極の「ひとり芝居」。毎回落語家を招いて生の落語を聴き、「間」と「スピード」の大切さを学びます。

ボイスサンプル用 スタジオ録音

声優志望者にとって自分のボイスサンプルはまさに命といってもいいほど重要なもの。宣材写真と同様に、一流の現場、一流のスタッフで製作します。俳優部の希望者も参加できます。

宣材撮影

最高の宣材(宣伝材料)づくりからプロのプロモーション活動は始まります。宣材の中でも写真はみなさんが考えている以上に重要なアイテムです。

メディア出演オーディション

SAGの講師陣はいずれも現役、それぞれに現場を持っています。また、関連会社も多くの公演、映画、ビデオなどをプロデュース、制作しています。これらの作品への参加オーディションも不定期ですが、養成所内で開催されます。

発表会・修了公演

役者がもっとも成長するのは舞台の上。SAGでは、俳優部・声優部ともにクラスによって発表会、公演が行われ舞台を体験します。

※ SAGでは演技の基本を徹底的に教え込みます。卒業後は自分の行くべき道を突き進んでください。ただし、卒業後、壁にぶつかったり、調整をし直したいなと思った時はいつでも帰ってきてください。SAGはすでにプロになっている人にとっても、よきトレーニングの場でありたいと考えています。
※ ワークショップは、夏・冬休みに開催されるオプショナル・レッスンで自由選択です。俳優部の生徒が声優講師のレッスンを受けたり、その逆であったりすることが可能となります。本校生徒以外も参加することができる開かれたプログラムです。

Copyright©2003-2016 LEOPARD STEEL附属俳優・声優養成所 松濤アクターズギムナジウム All rights reserved.