SAGレポート

SAG大阪&福岡!!

2015.3.5

皆さん…知っていましたか?
SAGは東京だけではなく「大阪」と「福岡」にもあるんです!!

なんでSAGが大阪と福岡に進出したか?(笑)
それは…地方にいながらしっかりと夢を叶えるステップアップをして欲しいからです!

アニメや外画(吹き替え)のお仕事をするためには「東京」での勝負が欠かせません。
しかし、色々な事情からすぐには東京へ行けない…
という方も沢山いらっしゃると思います。

だからと言って地方で演劇スクールや養成機関に所属すると、その授業料の支払いで結局貯金が出来ず、いつまでたっても上京出来ない…。
でも、何もしないでお金だけ溜めているとモチベーションが下がるし、不安になる。。。

そこで!!

SAGは

  • 「トレーニング」しながら
  • 「貯金」して
  • 「業界最新情報」もゲットして
  • 「東京に行く準備」ができる環境

を提案いたしました。

それが「SAG大阪スタジオ」と「SAG福岡校」です!

SAGの系列プロダクションであるLEOPARD STEELの代表が各校の責任者を務める事により、常に「東京・業界とのパイプ」をもち、講師陣は第一線で活躍しているメンバーを揃え、何より価格がリーズナブル!!
最大12回までのローンが組めるので、月々の支払いは15,000円ちょっと!!
授業料180,000円を最大12回まで分割ローンが出来ます。
* 入所金は入所時に一括でのお支払になります。

え?
そんなに安くてちゃんとしてるの?
怪しくないんですか?

と、思われないように、今期(2014年度)在籍レッスン生の声を下記に掲載させて頂きます!
仕込みはありません(笑)
興味をお持ち頂けましたら、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。

今できることを、今、全力で!!
SAGは熱い想いを持ったあなたを全力でバックアップ致します!!

SAG大阪スタジオ在籍レッスン生(2014年度)

大阪スタジオ 淵脇 麻理子

週に1度のレッスン、基礎を学んでいくと同時に、普段自分が練習してきた成果を見せる場でもあります。

演技経験のなかった私はついていけるか不安でしたが、時には授業が規定の2時間をオーバーしちゃう位、熱くて面白い講師の方々が指導をしてくださり、少しずつ成長する事が出来ました!

あと、固定の場所がない大阪スタジオならではの、今回のレッスン場所は何処だろう?とみんなと探すのもまた一興ですよ!!笑

大阪スタジオ 山中 麻由

私は専門を卒業後、東京に出る為の準備期間として、SAG大阪スタジオに入所しました。
週1回のレッスンなので、正直 物足りなさを感じることもありました。

ですが、だからこそ毎週のレッスンが楽しみで、1回1回のレッスンを「後悔なく、しっかり過ごそう!」と思い、過ごしてきました。

専門とは違った人付き合いもでき、先生方も熱心に指導して下さるので、私はこの大阪スタジオに入所してよかったと思っています。

大阪スタジオ 稲葉 帆那

とにかく授業料が安い。
そして東京に行くお金を貯めながら、演技を学べて、東京の情報も聞くことができる。
私にとってすごくありがたい場所でした。

毎週毎週、刺激を受けることができたし、新たな発見や、改めて見えてくる課題にも向き合えた。
先生方や、同期のメンバーにもいろいろなヒントをもらいました。

東京に行くための準備期間として、SAG大阪スタジオは本当にぴったりの場所です。

SAG福岡校在籍レッスン生(2014年度)

SAG福岡校 古賀 尋子

声を使う仕事をしたいという漠然とした夢を、現実的な目標として定めて、そこに近づいていくための土台の力をつけていただいた1年間でした。

講師の方々のお話はどれも「なるほど」という驚きで溢れていて、それを聞いて実践してみることで、今まで自分の中に無かった知識や技術が刻まれていく感覚が本当に楽しかったです。

SAG福岡校 松岡 浩人

SAG福岡で学んだ一年、演技経験の無い僕には毎回のレッスンが新鮮で面白いことばかりでした。

講師の先生方は、的確に指導してくれるので自分の弱点を良くする事ができました。
時には、的確すぎる弱点を言われてヘコむこともありましたが(笑)。
ですが、それは先生方の愛情。僕達が役者として活躍できる為に!

そして、僕を成長させてくれるのが同期の存在でした。

この福岡校に出会って、僕は大きな財産を得ることができました。

2012年度SAG福岡校卒業 2015年よりLEOPARD STEEL預かり所属

吉川 友加里

地方から東京に出てくることは不安も大きいと思います。
東京といえば大都会。田舎好きな私に馴染めるのかと私も思っていました。

が、大丈夫。大都会はごく一部で、庶民的なところはたくさんあり、一年くらいは東京に出てきた実感がわかないほどでした(笑)

今は舞台の稽古中ですが毎回「腹を決めろ、覚悟しろ」と言われます。先生方は役者として生きていくということはどういうことなのかを経験談から教えて下さいます。

今、私もプロの世界で生きていく「覚悟」を強く意識しています。
上京することで環境などが大きく変わります。
その中でどうなりたいかを意識し覚悟を持ってお互い頑張っていきましょう!

一覧に戻る

Copyright©2003-2016 LEOPARD STEEL附属俳優・声優養成所 松濤アクターズギムナジウム All rights reserved.